慢性肝炎




慢性肝炎肝組織診断基準

 慢性肝炎とは6ヶ月以上の肝機能異常とウイルス感染が持続している病態を言う。
 組織学的には門脈域にリンパ球を中心とした細胞浸潤があり、実質的に種々の程度の肝細胞変性・壊死を認める。
 炎症・壊死の程度により活動性(Active:Ac)と非活動性(inactive:InAc)に区分される。すなわち、活動性の評価はpiecemeal necrosis,小葉内細胞浸潤と肝細胞の変性並びに壊死(Spotty necrosis,bridging necrosisなど)で行う
 さらに線維化(F)の程度によりF0-F3までの4段階に区分する。
F0:線維化無し
F1:門脈域の線維性拡大
F2:Bridging fibrosis
F3:小葉のひずみを伴うBridging fibrosis
<表詰法>
Chronic hepatitis, active, F3:CH(Ac/F3)
Chronic hepatitis, inactive, F1:CH(InAc/F1)


新犬山分類

 慢性肝炎とは、臨床的には6ヶ月以上の肝機能検査値の異常とウイルス感染が持続している病態をいう。組織学的には、門脈域にリンパ球を主体とした細胞浸潤と線維化を認め、肝実質内には種々の程度の肝細胞の変性・壊死所見を認める。そして、その組織所見は線維化と壊死・炎症所見を反映させ、各々線維化(staging)と活動性(grading)の各段階に分け表記する。

staging
線維化の程度は、門脈域から線維化が進展し小葉が改築され肝硬変へ進展する段階を線維化なし(F0)、門脈域の線維性拡大(F1)、bridging fibrosis(F2)、小葉のひずみを伴うbridging fibrosis(F3)までの4段階に区分する。さらに結節形成傾向が全体に認められる場合は肝硬変(F4)と分類する。

grading
 壊死・炎症所見はその程度により、活動性なし(A0)、軽度活動性(A1)、中等度活動性(A2)、高度活動性(A3)の4段階に区分する。すなわち、活動性の評価はピースミールネクローシス(piecemeal necrosis)、小葉内の細胞浸潤と肝細胞の変性ならびに壊死(spotty necrosis, bridging necrosisなど)で行う。

付記
F0:線維化なし
F1:門脈域の線維性拡大
F2:線維性架橋形成
F3:小葉のひずみを伴う線維性架橋形成
F4:肝硬変 A0:壊死・炎症所見なし
A1:軽度の壊死・炎症所見
A2:中等度の壊死・炎症所見
A3:高度の壊死・炎症所見


島田の番地分類

100番台肝小葉紋理の状態、Kalk分類の斑紋・結節形成の状態。肝小葉状態
100正常の肝小葉紋理。小葉構造は正常。Glisson鞘の延長も認めない。
200 肝小葉紋理は規則正しいが増加延長を認める。変形ゆがみは
ないが、Glisson鞘、Glisson鞘間に線維の延長を認める。
300肝小葉紋理は増加・延長著明でp-p結合、p-c結合が出現し
肝表面に区域化が出現している。
400 肝表面に明らかな結節形成を認めるが、盛り上がりは少なく、
敷石・丘状の状態にとどまる。
500肝表面にほぼ球状の結節形成を認める。完成した肝硬変の像。
10番台 300-400-500の症例についてさらに細かく分類。
10 肝表面の小区域・結節が相接し、直径2-3mm以下。
20 同様に相接しているが、直径5mm以上。
30 結節の大きさに関係なく、結節相互の隔たりの大きいもの。
1番台  
1 びまん性白斑・樹枝状白斑を認める。
2 細動脈・Kolliker氏動脈、肝静脈枝またはリンパ管を認める。
3 びまん性発赤ないし浮腫
4 網目状の細血管増生ないし充血
5 少数の小陥凹
6 多数の小陥凹
7 斑紋
8 半球状の再生




modified HAI score

(Ishak,1995)
[Ishak K et al: Histological grading and staging of chronic hepatitis. J Hepatol 22(6):696,1995]

Grading
A periportal or periseptal interface hepatitis
(piecemeal necrosis)
 
  absent 0
  Mild (focal,few portal areas) 1
  mild/moderate (focal,most portal areas) 2
  moderate (continuous around < 50% of tracts or septa) 3
  severe (continuous around >50% of tracts or septa) 4
B confluent necrosis  
  absent 0
  Focal confluent necrosis 1
  Zone 3 necrosis in some areas 2
  zone 3 necrosis in most areas 3
  zone 3 necrosis + occasional portal-central(P-C) bridging 4
  zone 3 necrosis + multiple P-C bridging 5
  panacinar or multiacinar necrosis 6
C focal lytic necrosis, apoptosis and focal inflammation  
  absent 0
  one focus or less per 10x objective 1
  two to four foci per 10x objective 2
  five to ten foci per 10x objective 3
  more than ten foci per 10x objective 4
D portal inflammation  
  none 0
  mild,some or all portal areas 1
  moderate, some or all portal areas 2
  moderate/ marked, all portal areas 3
  marked, all portal areas 4
Staging
no fibrosis 0
fibrous expansion of some portal areas,
with or without short fibrous septa
1
fibrous expansion of most portal areas,
with or without short fibrous septa
2
fibrous expansion of some portal areas,
with occasional portal to portal (P-P)
3
fibrous expansion of some portal areas,
with marked bridging(portal to portal (P-P) as well as P-C
4
marked bridging(P-C and/orP-P)
with occasional nodules (incomplete cirrhosis)
5
cirrhosis, probable or definite 6

(2000/12/8)