痛風




痛風の診断基準

(ARA 1977)

  • a) 尿酸塩結晶が関節液中に存在すること
  • b) 痛風結節の証明
  • c) 以下の項目のうち6項目以上を満たすこと
    1. 1回以上の急性関節炎の既往がある
    2. 24時間以内に炎症がピークに達する
    3. 単関節炎である
    4. 関節の発赤がある
    5. 母指(足)基関節の疼痛または腫脹がある
    6. 片側の母指(足)基関節の病変である
    7. 片側の足根関節の病変である
    8. 痛風結節(確診または疑診)がある
    9. 血清尿酸値の上昇がある
    10. X線上の非対称性腫脹がある
    11. 発作の完全な寛解がある

    a)b)2項目のいずれか、もしくはc)のうち6項目を満たせば痛風と診断できる
    この診断基準の感度は98%、特異度は92%である。


    (2001/4)