糖尿病




糖尿病の診断手順


(日本糖尿病学会,1999)

臨床診断:
  1. 空腹時血糖値≧126mg/dl,75gOGTT2時間値≧200mg/dl,随時血糖値≧200mg/dl, のいずれか(静脈血漿値)が,別の日に行った検査で2回以上確認できれば糖尿病と診断してよい*.
    これらの基準値を超えても,1回の検査だけの場合には糖尿病型と呼ぶ.
  2. 糖尿病型を示し,かつ次のいずれかの条件がみたされた場合は,1回だけの検査でも糖尿病 と診断できる.
     (1)糖尿病の典型的症状(口渇,多飲,多尿,体重減少)の存在
     (2)HbA1c≧6.5%**
     (3)確実な糖尿病網膜症の存在
  3. 過去において上記の1.ないし2.がみたされたことがあり,それが病歴などで確認できれば, 糖尿病と診断するか、その疑いを持って対応する.
  4. 以上の条件によって,糖尿病の判定が困難な場合には,患者を追跡し,時期をおいて再検査する.
  5. 糖尿病の診断に当たっては,糖尿病の有無のみならず,分類(成因,代謝異常の程度), 合併症などについても把握するように努める.
疫学調査:糖尿病の頻度推定を目的とする場合は,1回の検査だけによる「糖尿病型」の判定を 「糖尿病」と読み替えてもよい.なるべく75gOGTT2時間値≧200mg/dlの基準を用いる.
検診:糖尿病を見逃さないことが重要である.スクリーニングには血糖値の指標のみならず,家族歴,肥満などの臨床情報も参考にする.


*ストレスのない状態での高血糖の確認が必要である.

 1回目と2回目の検査法は同じである必要はない.
1回目の判定が随時血糖値≧200mg/dlで行われた場合は,2回目は他の方法によることが望ましい.
1回目の検査で空腹時血糖値が126〜139mg/dlの場合には,2回目にはOGTTを行うことを推奨する.
**日本糖尿病学会グリコヘモグロビン標準化委員会の標準検体で補正した値


(2001/5)