多発性嚢胞腎





多発性嚢胞腎の診断基準

(厚生省特定疾患進行性腎障害調査研究班、平成三年度研究業績より)

  1. 家族内発生が確認されている場合
     超音波断層像(またはCTで両腎に嚢胞がおのおの三個以上確認されるもの
  2. 家族内発生が確認されていない場合
     1.15歳以下ではCTで両腎におのおの3個以上、実質的に嚢胞が確認され、以下の疾患が除外される場合
    2.16歳以上ではCTで両腎におのおの5個以上、実質的に嚢胞が確認され、以下の疾患が除外される場合
    除外すべき疾患:
    多発性のSimple renal cyst
    腎尿細管酸血症
    cystic dysplasia of the kidney
    multicystic kidney
    multiocular cysts of the kidney
    medullary cystic kidney
    acquired cystic disease of the kidney