急性白血病 FAB分類

[Bennett,j.m. et al:Proposals for the classification of minimally differentiated acute myeloid leukemia (AML-M0) Br J Haematol 78:325,1991](1991 updated)

急性白血病:骨髄は正常〜過形成、 芽球≧30%と定義する


急性リンパ性白血病(ALL)  MPO陽性芽球が3%未満

L1核小体に乏しい小型リンパ芽球が主体
 比較的小型で均一な傾向
 核は円形で核小体もあまり目立たない
 N/C比が大きい
 小児に多い

L2核小体の明瞭な大型リンパ芽球が主体
 大型で不均一な傾向
 核型は切れ込みなど不整で、核小体が明瞭
 N/C比が小さく多彩である
 成人に多い

L3Burkitt型
 大型で円形核と濃青色胞体に空胞を多数もつリンパ芽球主体、B細胞性

 


急性骨髄性白血病(AML)  芽球のMPO3%以上陽性(ただしM0、M7を除く)

M0minimally differentiated AML
 未分化骨髄芽球が主体。光顕MPO陽性3%未満だが、電顕MPOあるいはCD13,C33(原形質内を含む)。CD33は3%以上陽性。リンパ球系抗原陰性

M1AML without maturation
骨髄芽球(光顕MPO陽性3%以上)が90%以上を占める。   分化傾向乏しい。

M2AML with maturation
 分化傾向を認める。前骨髄球以降10%以上 t(8 : 21) が多い

M3hypergranular promelocytic leukemia
 前骨髄球白血病細胞が占める。t(15 : 17)variant:白血病細胞の顆粒が少ないタイプ

M4acute myelomonocytic leukemia骨髄単球性
 骨髄(顆粒球)系と単球系の混在 Eo:好酸球を伴うタイプ inv(16)

M5acute monocytic leukemia単球性
 単球系細胞が80%以上
a:単芽球性(未分化型)
b:単球性(分化型)

M6erythroleukemia赤白血病
 骨髄芽球と赤芽球(50%以上)の混在

M7 acute leukemia of megakaryocyte lineage巨核芽球性
 芽球の30%以上が巨核球系(電顕PPO、CD41など)

 

  
 

MPO:ミエロペルオキシダーゼ PPO:血小板ペルオキシダーゼ
* *