肺がん





TNM分類

原発腫瘍(T)
Tx原発腫瘍の存在が判定できない、あるいは画像上や気管支鏡では観察できないが喀痰や気管支洗浄液中に悪性細胞が存在することで腫瘍の存在がわかる
T0原発腫瘍を認めない
Tis上皮内癌(Carcinoma in situ)
T1腫瘍の最大径は3.0cmまたはそれ未満の大きさで、肺または臓側胸膜に囲まれており、気管支鏡検査で浸潤が葉気管支より中枢側に及ばない(すなわち主気管支に及ばない)1)
T2腫瘍の大きさや進展度が以下のいずれかのもの:
  • 最大径が3cmを越えるもの
  • 主気管支に浸潤し、気管分岐部より2.0cmあるいはそれより末梢にある
  • 臓側胸膜に浸潤
  • 肺門に及ぶが片肺全野には及ばない無気肺あるいは閉塞性肺臓炎に関連する
T3大きさと無関係に隣接臓器、
すなわち胸壁(肺尖部胸壁浸潤肺癌(superior sulcus tumor)を含む))、横隔膜、縦隔胸膜、壁側心膜などに直接浸潤する腫瘍。
腫瘍中枢側が気管分岐部より2.0cm未満に及ぶが、気管分岐部に浸潤のないもの。
また無気肺・閉塞性肺臓炎が片肺全野に及ぶもの
T4大きさと無関係に次のどれかに浸潤の及ぶ腫瘍:
  • 縦隔、心臓、大血管、気管、食道、椎体、気管分岐部
  • あるいは同一肺葉内の離れた腫瘍
  • あるいは悪性胸水を伴う腫瘍2)
1) 大きさと無関係に腫瘍の浸潤が気管支壁内に限局している稀な表在腫瘍は、主気管支におよぶかもしれないがT1に分類する。
2) 肺癌と関連した胸水の多くは腫瘍による。しかし、複数回に及ぶ胸水細胞診検査で腫瘍が見つからない例もある。これらの症例では、胸水は非血性で非滲出性である。これらの要因と臨床的判断で胸水が腫瘍と関係ないときは、胸水を病期決定要因から除外し、患者さんをT1、T2、T3とする。
所属リンパ節 (N)
Nx所属リンパ節が判定できない
N0所属リンパ節に転移がない
N1同側気管支周囲と同側肺門リンパ節転移の少なくとも一方、そして肺腫瘍の直接進展を含む肺内リンパ節転移
N2同側縦隔と気管分岐部リンパ節転移の少なくとも一方
N3対側縦隔、対側肺門、同側または対側の斜角筋前、あるいは鎖骨上リンパ節転移

遠隔転移 (M)
Mx遠隔転移が判定できない
M0遠隔転移がない
M1遠隔転移がある
追補)M1は異なった肺葉の(同側あるいは対側)離れた腫瘍結節を含む
次の略号で部位を記載する。
BRA =脳 EYE = 眼 hep = 肝臓 lym = リンパ節 mar =骨髄 OSS = 骨 oth = その他 ovr = 卵巣 per = 腹膜 ple =胸膜 PUL =肺 SKI = 皮膚


AJCC (対癌米国合同委員会)病期分類
潜在癌 TX, N0, M0
0 期Tis, N0, M0
IA 期 T1, N0, M0
IB期T2, N0, M0
IIA 期 T1, N1, M0
IIB 期 T2, N1, M0
T3, N0, M0
IIIA 期T1, N2, M0
T2, N2, M0
T3, N1, M0
T3, N2, M0
IIIB 期全てのT, N3, M0
T4, 全てのN, M0
IV 期全てのT, 全ての N, M1




(2001/3/7)