Speed

—速いフレーズを吹くには? その1


問い:速いフレーズを吹きたいんですけれども?

 ええと、全国の受験生のほとんどがもっと頭が良くなりたいと思っているように、そして全国の女性のほとんどがもっとキレイになりたいと思っているように、アマチュア・ジャズ・トロンボニストのほとんどが、より速いフレーズを吹きたいと思っているんじゃないでしょうか。え?私だけ?

 トロンボーンでジャズをやるときのボトルネックになるのが、フレーズを吹く時のスピードです。ことフレーズの細かさ勝負では、他のフロント楽器と競り合いをするとどうしても見劣りがします。

 えー、俗に「ラッパ二倍段、サックス三倍段」という言葉があります。

 例えば一年生のトランペットと二年生のトロンボーンが大体吹くフレーズ的には同等であります。サックスであれば、一年生のサックスと互角にやりあうにはトロンボーンは三年生ではないとだめですね。
 いや、すみません、今僕が作りました。

一応補足しておきますと、「剣道三倍段」という言葉がありまして、剣道は得物を持っているので有利だから、剣道の初段に勝つには空手なら三段くらいの実力がないと駄目だと、そういう言葉です。ま、僕も『空手バカ一代』で読んだ知識ですけれども。
 

 速いフレーズを吹くためには、やはり何らかのトレーニングをしてやる必要があると思うのですが、決め手は、一つ一つの音の精度です。細密画を描くには、ペン先を細くしなければいけないのと同様、速いフレーズを吹くのには一つ一つの音の精度を上げる必要があります。ペン先がつぶれていては、細かい絵は描けません。

 フレーズの構成要素たる一つ一つの音。その音の精度。


精度が高いということ


 ところで、音の精度が高いというのは、どういうことでしょうか。

 例えば、精度の高いエンジンというのを考えてみて下さい。

 精度の高いエンジンは、一つ一つの部品の精度が高い。では、その「部品の精度」というのは何かというと、部品同士が組み合わさった時のミクロレベルでの噛み合いの良さとか、そういうことです。接触する部分はなめらかで、余分な凹凸がないこと、部品と部品の間の隙間も一定であること。設計通りに可動部分が動くこと。

 そういった部品の精度の高さの結果として、精度の高いエンジンは同じパワーゲインであっても、その生じたパワーをより効率良く伝達することができます。

 フリクションロスとして逃げるエネルギーは、不必要な振動や熱エネルギーに置換され、本来のポテンシャルを妨げます。例えば垂直に動くはずのピストンがあったとして、もし力のベクトルが0.1度でもずれると、その分縦方向の力は減少し、横方向に余分な力が加わってしまいます。その力は摩擦や振動になり本来のカタログスペックを下げてしまう。

 同じインプットでも、余分なフリクションロスがなく、結果としてアウトプットの効率がいい。結果としては動力のベクトルはシンプルである。
 これが、精度が高いということです。

 

 フレージングに関しても全く同じです。

 どんなに巧い人間でも、舌の動くスピードを、カメレオンや蛙のようなスピードにすることはできませんし、舌の筋力も鍛錬しても何倍にも増えはしません。唇周辺の筋肉だってそんなムキムキにはできませんよね。インプットパワーにはそれほど個人差はないんです。

 問題は、そのインプットパワーが、ダイレクトに出音に反映されているかどうか。余分なエネルギー減衰が起こっていないかどうか。

 

 エンジンの動きの最小構成単位は一回転だと思いますが、フレージングにおける最小構成単位は一つ一つの音です。

 さらに、それをもう少し要素分解しますと、リップスラーとタンギングになります。

 多くの初学者は、リップスラー、タンギングいずれか、もしくはその両方に問題があります。その結果、一つ一つの音の出始めで、大脳皮質と唇の間にタイムラグが生じてしまう。反応速度、という言葉を用いるのが適当ではないかと思いますが、それが遅いと、速いテンポの曲や速いフレーズに対応出来ない。

 この様なタイムラグは、用意されている譜面を吹く場合よりも、アドリブを吹くときに、より顕著に表れる傾向があります。例えばバップっぽいテーマはなんとか吹けるけど、そのあとアドリブになると、同じ様な音の密度が維持出来ず、途端によちよちしてしまうような経験はありませんか?


リップスラーとタンギング、どっちが重要か?


 では、リップスラーとタンギングは、どちらがより重要なんでしょうか?

 速いフレーズでタンギングが重要なのは、トロンボニストにとってはもちろん自明の事です。トランペットなどのバルブ楽器と違い、トロンボーンはスライドを動かすわけですが、タンギングを当てなければ音になってくれません。

 だが、それと同じくらいかそれ以上にリップスラーも重要です。アドリブの時には音は倍音をまたいで細かく動きますからね。リップスラーをちゃんとできていないと、そういうフレーズの動きに対応できない。音型が動かずにタンギングだけが出来ても、それはあくまで「速いタンギング」であって「速いフレージング」ではないですから。

 タンギングとリップスラーは、レースカーのエンジンとタイヤの関係に似ています。車としてのパフォーマンスが一段階上がるためには両方の要素がレベルアップする必要がある。エンジンの馬力が上がっても、タイヤがそのままだと、運動性能はそれほどは向上しないし、逆も然り。同様に、リップスラーとタンギングの能力の両方がそろって初めて音の精度のレベルが上がると思って下さい。

 

 ところで、僕は初学者にはリップスラーをまずやることをおすすめしていました。

 それは、タンギングはがむしゃらに練習してもあまりうまくならないけれども、リップスラーはがむしゃらに練習すればある程度用量依存的にうまくなるものだからです。

 タンギングは、今までよりしっくり来るタンギングのポイントを見いだすと、一ヶ月から二ヶ月くらいでぐっと吹き方が変わり、その結果、限界速度は急速に上昇します。しかし、そういうコツが見つからず、ただ筋力トレーニングのように練習をこなしても、やればやっただけ動きが速くなる、という保証はありません。

「タンギング」のための練習は、正解を見つけるような感じなんですよ。タンギングに関しては、幾つかのブレイクスルーを経て階段状に上達するといえましょう。

 一方リップスラーは基礎体力に近いようなもので、練習をすれば、時間を掛けただけ大体上達効果が得られる。リップスラーは、直線的に、用量依存的な上昇カーブが得られると思います。

 つまり、例えば野球選手で言えば、いわゆる筋力とか瞬発力、持久力のようなアスリートとしての基礎体力のようなものがリップスラーで、選球眼とかスウィングフォームのような、センスに関するものがタンギングだと思います。

 実際、僕なんかは現役を離れて、時々にしか吹かないアマチュアトロンボニストに成り下がっているわけですが、リップスラーは、練習していないのが祟って、随分衰えました。しかしタンギングに関してはそれほどマックススピードは落ちていない。

 タンギングは一度正解を見つけると、それほどは衰えないのに対し、リップスラーは一度つかんでいても、練習しなければ落ちる能力であるということです。

 ですから、とりあえず何を練習すればいいかわからないときは、リップスラーを練習しましょう。これは時間のあるうちにしかできないものです。RPGでいうレベル上げ、みたいな作業と思ってすればいいと思う。

 タンギングは、できれば上手い先輩とか、プロの方について習得することをおすすめします。

 ところで、プロフェッショナルな領域のレベルでは、タンギングも練習して維持し続けなければいけないもののようです。

 早いシラブルを吹くためには、一つ一つのタンギングを出来るだけ素早く連結する必要があります。これは確かに不断のトレーニングをしないとある程度落ちる能力だと思う。

 それから、「タンギングは落ちない」といいましたが、それも程度問題で、やはり限界域でのタンギングのきっちり具合はある程度落ちます。但し、リップスラーに比べると遙かにましですけれども。


常につま先立ちで居ろ!


 マラソンなどの長距離走者のフォームは、上級者でもさまざまですが、それはそれぞれの走者の身体条件に最適化されているためです。上級者のフォームの多様性は、皆素人のフォームとの歴然とした違いを持った上でのことで、それはなにかというと、フォームの効率です。

 素人の走るフォームは、ばたばたしていて、さまざまな方向に力が分散してしまっています。その結果、前方への慣性力を殺してしまっているのに対し、熟練した長距離走者のフォームは、走っている慣性力をできるだけ殺さないようになっています。結果として力学的には非常にシンプルで、無駄がありません。これはどの上級者も同じです。

 また、テニスや卓球、ボクシングのように、左右にすばやく動くフットワークを要求されるスポーツでは、自然につま先立ちのような姿勢になっています。ベタ足のような姿勢だと、力のベクトルが分散してしまって(それゆえに静止状態では安定するんですけれども)エネルギーとしては無駄が多くなるために、どたどた音がしますし、素早く反応できません。

 また、例えばボクシングのジャブのような動作をイメージしてみて下さい。予備動作をできるだけ減らす、対象に向けてできるだけ直線的に当てていくこと。そして余分な力を抜くこと。しなるような動作をイメージすること。

 もしくはビリヤードのキューを突くときの動作。これも、やり始めた頃はついつい力を入れてしまいがちですが、腕とキューの重さを伝えることが出来れば、殆ど力を入れずに突くことができます。逆にそういうシンプルな力動線を作らないと、プロのようなパワーショットは打てません。

 「うまい」動作に共通な要素。
 それは、力動線がシンプルで無駄がないということです。

 うまい人のタンギング、リップコントロールは、特に難しいことをしているわけではなく、非常にシンプルです。初学者の方はここを誤解しがちですが、こうした音の出し方は、上達するにつれて、むしろシンプルになっていきます。逆にいうと、上達して初めて、無駄な力のベクトルを減らしていくことができるというわけ。

 一つ一つの音符(ステップの時の一つ一つの足跡のようなものですが)がベタベタと重い人は、やはりフレーズが重いと思います。


まとめ

以上長々と述べてきましたが、

 ということです。

 具体的な方法論についてはその2へ続く。



(Jan, 2007初稿)