スケールチェンジについて

—フレーズをノン・ダイアトニックにする。

—スケール練習について その4


Index


 何度もいいますが、このメソッドは一貫して

 (a)「ある基本フレーズ」を
  インテンポで
 (b)ある法則に従ってキーチェンジする  

 という単純極まりないものです。

 メソッド、と書きましたものの、これって、要するにすべてのスケール練習を包含的に書き表せばこうなるというだけのことです。

 その2では(a)の基本フレーズは、いわゆるダイアトニックトーンしか用いませんでした。いわゆる、キーの音ですね。簡単に言うと、臨時記号が付かない音です。

 しかし、臨時記号の付く音は、12音中7個ですが、わざわざ残りの5個の音を除外する必要はないわけです。特に、ジャズに関しては。

 そこでジャズでよく用いられるノン・ダイアトニックなスケールをこの「基本フレーズ」に使ってみればどうだろうかという話です。


 選択しうるパターンを羅列しますと、こんな感じになります。

(a)基本のフレーズ(b)キーチェンジ
・ダイアトニック
 ペンタトニック(トニック)
 ドミナント(II-V)

・ノンダイアトニック
 Diminish, Com.Dim
 BlueNote
 Whole Tone
 Lydian dominant 7th
 
ダイアトニック
n=1:半音
n=5:四度進行
n=2:全音(W.T.)
n=3:短三度(diminish)
n=4:長三度(coltrane change)

ディミニッシュ

 例えばDiminish Chordがありますね。ジャズでは、Combination of Diminish,いわゆるコンディミという形で用いられますが、ここでは純粋にDiminishで遊んでみることにします。

 詳しくは理論書に譲りますが、大まかに言って、Diminishの特徴は二つ。全部で3つの系列しかなく、対称性があること。それゆえに調性に対してやや曖昧なことです。

 そんなわけで、任意のキーに対して任意のDiminishコードを置いても、Diminishの構成音には必ず臨時記号が付きます。

 このディミニッシュの音列をキーチェンジしてやるとどうなるでしょうか?

 例えば、このDiminishの単純な上行下行のスケールを(1)で述べたように、半音ずつ動かしてやれば、この様になります。


ディミニッシュを半音ずつ動かす

 譜面にすると結構難しそうに見えますけれども、実は譜面無しの方が簡単です。対称的な音列なので、楽譜を介さず楽器で吹いてみると、楽譜ほどは難しくはありません。これを割とゆっくり練習し、一つ一つのキーでしっかりDiminishのコードが響いて聞こえるようになって来ると、結構気持ちいいです。

 ちなみにこれは今述べているメソッドではありませんが、僕が「楽器」の練習をする時にやるやつです。単純にDiminishの分散の転回ですが、跳躍が多いので音の当たりをチェックしたりしてます。

 

 その3にて、キーチェンジの間隔をいろいろに変えてフレーズを動かすというのを例示しました。あれと同様に、このフレーズを動かしてみるとどうなるでしょうか。例えばホールトーンの音列、つまり全音間隔で動かしてやるとこうなる。

(a)基本のフレーズ(b)キーチェンジ
 Diminish
 
全音(W.T.)

ディミニッシュを全音ずつ動かす


 ちなみに、これを、逆の考え方で、ホールトーンで作ったフレーズを、短三度間隔で動かしてみる、というと、こうなります。

(a)基本のフレーズ(b)キーチェンジ
 Whole Tone
 
短三度(diminish)

ホールトーンを短三度で動かす

 どちらもメカニカルなフレーズながら、細かいニュアンスの違いがあるのがおわかりだと思います。

 但し、このホールトーンの音列は8個でワンフレーズ、ディミニッシュの方は4つです。チェンジの間隔が倍なのでフェアな比較ではない。音型が似るように実は意図的にこうして並べたわけです。

 

 ちなみに、こういうメソッドの原型は、かつて僕が居たクラブのトロンボーンの後輩、安東さんが教えてくれました。こういう複雑げなスケールを練習すると、今ひとつつかみ所がなくて、そのわからなさがいいんですと、彼女は言っていました。

 彼女は非常にミュージシャンとして勘所のよい人間でしたが、僕などは正直に言うとあまり勘がよろしくない人間です。自分の音感は鈍重で、味覚で言うとヒラメとカレイの刺身の違いもわからない程度のお粗末な代物。彼女が栗田ゆう子だとしたら富井副部長くらいってわけ。こうした、ダイアトニックからかけ離れた音列を完全に「自分のもの」にすることはいまだに出来ていません。

 例えば、フランスの作曲家のメシアンは、独特の音感覚の持ち主で、音を聴くと共感覚として同時に色がイメージされるらしいんですね。そういう人間にとっては、こういうスケールの羅列は、色の変わり目が帯のように認識されるんじゃないだろうかなあと思ったりします。僕にはそんなことは出来ない。

 じゃあ、お前はなんでそんな自分のものに出来ていないことを人に勧めるんだ、という話になります。

 ええと、出来ないことだからこそ練習するんですよ。
 実際、こうしたノン・ダイアトニック・スケールを機械的に動かす練習をしていると、富井副部長クラスの僕でさえ音と音の移動には結構敏感にはなります。練習によってある程度蒙は啓かれると思います。

 他のジャンルの音楽に比べると、ジャズ、特にコンテンポラリーなジャズではこうした「メカニカルなフレーズ」というのがちょくちょく出てきます。

 ジャズの歴史を俯瞰すると、既成の音楽スキームから自由であろうとする歴史といってもいいくらいです。様々な試行錯誤が今まで行われています。ま、フロント的視点でそれをひと言で言えば「アウトフレーズの作り方」ということになるのですが、ひとたびアウトサイドでフレージングしようとすると、無限に現れた選択肢と対峙しなければいけません。しかし結局の所、聴き手も吹き手も、人は完璧な混沌には耐えるようにはできていない。既存の理論を離れるのならば、別の秩序を拠り所にしなければいけません。

 船の航海で例えてみれば、ダイアトニック、というのは沿岸を目視で航海するようなものです。トーナルが岸です。岸が見えている場所からはそれほど離れられない。しかし、トーナルから離れて、何もない水平線に向かって航海するにはどうしたらいいか。その進路を取ると、どこに辿り着くのかは茫漠として水平線は答えを出してくれません。何かの指針が必要なんですね。このページで示したメカニカルアプローチは、僕はダイアトニック(沿岸航海)を離れる際に必要な羅針盤のようなものとイメージしています。

 実際に使えるかといわれると、なかなか難しいんですけれども。
 ただ、こういう練習、結構楽しいんですよ。

(Oct,2006 初稿)