Absolute/Relative pitch

問:よく「私絶対音感だから…」とか「音感がないからなあ…」という話をすることがあります。楽器を演奏する者同士、そういう話しますよね。
ところで、ジャズするには音感、やっぱり必要なんでしょうか。


絶対音感とか相対音感とか、よく言いますよね。詳しい語義の定義は専門家に譲るとして、市井のレベルでは

「絶対音感」=音を感じるときに実音(in C)での音名が同時に頭に思い浮かぶ状態。もしくは、鳴っている音の実音を把握できる能力。 とされていると思います。

例えばチューリップの唄:「ドレミ・ドレミ・ソミレドレミレ」を半音上げたら…
レ(♭)ミ(♭)ファ・レ(♭)ミ(♭)ファ・ラ(♭)ファミ(♭)レ(♭)ミ(♭)ファミ(♭)ときこえてしまう。らしい。

 「音感」は幼少期の音楽学習で作られることがほとんどで、小さい頃ピアノを習っていた人に絶対音感がある人が多い。
 僕は中学からトロンボーンを始めた。それまで音楽歴はあまりなく、その時は音感はほとんどなかった。音を聞いてもそれがどの音かというのはあんまりわからない、うろ覚えのメロディーを吹いたりするのもむずかしかった。(高いか低いかはわかる)。

 大学に入って軽音に入ってからも、ピアノを習っていた女の子がさっさとソロのコピーとかしているのを横目に、えっちらおっちら時間がかかるし、まぁみじめな思いをしたものです。

 僕は音感がないことで、それなりに苦労はした。だから、音感がない人はある程度の苦労をするのは間違いない。


ジャズに音感は必要か?


答え……必要。

 会話をするためには耳が聞こえる事が必要なのと同じ。
それまで音楽経験がなくって、大人になってから始めた人はその時点では音感が少しにぶいかもしれない。その不利はもちろんある。だが、トレーニングをすれば、そんなものは音楽を始めるつれて音感はある程度形成される。

 絶対、相対を問わずであれば、「音感」というのは、肉体競技者の筋力と同じ様なものだと考えてよい。あればあるほど有利だし、自分の目標レベルに到達するための必須条件である。しかし、その競技を一から練習し、トレーニングする段階ですんなりと習得しうるものであろう。

 但し僕はプロではないのでそれ以上の保証はできない。プロミュージシャン、特にスタジオミュージシャンになるにはつらいかもしれない。それから、歌伴などはかなり繊細な音感を必要とするような気がする。


そして、いわゆる「絶対音感」はジャズに必要か?


私の答え……音楽を始めるにあたって「絶対音感」は必ずしも必要ない。
特にいいたいのは「絶対音感しかない」状態はジャズではむしろ役に立たないということだ。

 「絶対音感」「相対音感」という言い方は実は語弊がある。まるで相容れない二つの「音の感じ方」があるような錯覚を受けるからだ。しかし「完全な音感」というものはそもそも絶対音感・相対音感の両方の要素を持ち合わせているものである。

 その観点からすると
「絶対音感」というのは「相対音感がない状態」、
「相対音感」というのは「絶対音感のない状態」
と言い換えることが出来るかもしれない。

僕の周りに、入部当初は絶対音感に長けていてその後相対音感を補完した人と、最初は相対音感に長けていてその後絶対音感を補完した人がいた。前者は「俺は絶対音感だ」といい、後者は「僕は相対音感だ」といいながら、実際にほとんど両者に差はみられなかった。実際に発揮する能力はほとんど同じものであった。


幼少期からピアノなどをやって、絶対音感が身に付いた人間ではないとジャズはやれないのか?


この命題は明確に否定できる。

 ジャズという音楽を始めた人達が、そもそもそうでないからである。ただし、当世のジャズミュージシャンのほとんどがきっちりした音楽教育を受けていることは注目すべきかもしれない。
 単純に練習時間という意味でも、幼少期というのはとにかく暇だし、脳はフレキシブルである。蓄積された時間の優位性は確かにある。ゼロから音楽を始める人に対しては非常に有利には作用するだろう。

 しかし、クラブに入部した後輩に関して、入部後の「のび」というものを見ていると、アドリブ出来る出来ないと入部の時点での音感の有無は余り相関していないようにもみえる。ピアノやってて音感あるのに、大してAd-lib上手くならなかった子というのはかなり多いのだ。一方音感はないがジャズがめっぽう好きな奴は練習し、苦労はするのだろうが結構ものになる。(もちろん、ドロップアウトする奴も沢山いるけど)。

 ちなみに、自分の音感がどうかというのを確認するには、トラブルシューティングを参考にして下さい。