株の誤発注

—ヒューマン・インターフェイスの問題点

 詳細は、こうだ。

 2005年12月8日の午前9時27分、この日東証マザーズ市場に新規上場された総合人材サービス会社ジェイコム(証券コード:2462)の株式(発行済み株式数14,500株)において、みずほ証券の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤ってコンピュータに入力した。
 この際、コンピューターの画面に、注文内容が異常であると警告する表示されたが、担当者がこれを無視して注文を執行した。「警告はたまに表示されるため、つい無視してしまった」(みずほ証券)という。 この注文が出る直前までは、90万円前後に寄り付く気配で特買いで推移していたが、大量の売り注文を受けて初値67.2万円がついた。その後、通常ではありえない大量の売り注文により株価は急落し、9時30分にはストップ安57.2万円に張りついた。
 この大量の売り注文が出た瞬間から電子掲示板で話題騒然となり、様々な憶測が飛びかった。「誤発注である」と見て、大量の買い注文をいれた投資家がいた一方で、価格の急落に狼狽した個人投資家が、非常な安値で保有株を売りに出すなど、さまざまな混乱が生じた。
(Wikipediaより)

 株価のディーリングで、1円で61万株だか61万円で1株だかしらないが、軽はずみな操作でとんでもないことになったようですが、まー、こうして被害額を数字にすると凄いですね。国家的規模の災厄。

 それにしても、マンションの構造計算偽造事件などでもそうだけど、事が起こった時に、個人どころか一つの会社ですら解決しきれない時代になった。自分のおかした些細なミスの最終的な影響はあまりにも大きすぎて、自分の責任では処理できない。

 世の中がこれほど複雑化している現在、こういう事は誰の身にも起こりうるわけで、そういう社会で個人として生きる恐怖というのはある。思いがけない出来事で、こうした全国規模の大災厄の被害者にも、加害者にもなりうるということを。

 しかし、この誤発注問題は、パソコン的なものにはつきものの普遍的な問題に思える。

 例えばファイルの削除をする時、いちいちコンピューターに確認を求められるにも関わらず、大事なファイルを捨ててしまったり、フラッシュメモリーからデータを移す時に、間違って新しいやつに古いファイルを上書きしてしまったり、ということは皆一度ならず経験したことはあるのではないか。所詮は東証のディーリングだってコンピュータオーダリングの一つに過ぎないわけだろうから、フェイルセーフ機構がついていたって、「本当に……しますか?(Y/N)」などのレベルの確認に過ぎないだろう。

 個人のPCでやっているだけなら、たとえそういう羽目に陥っても、自分がそれに費やした時間的損失くらいで済むわけですが、こういう風に巨額のお金を取り扱っていればその被害が国家的規模になってしまう。しかしコンピュータ上のミスとしては同レベル。

 例えば、電子カルテが徐々に普及していますが、例えば抗癌剤の適量以上の投与だとか、そういうミスだって、ボタン一つで出せてしまうわけで、これだって、PC上の単純ミスが、場合によっては殺人に等しい重みを持つことになる。

 

 ところで、この東証のオンラインシステムですが、システムのそもそもの不備だとか色々言われてはいるけれど、例えば僕らが某クロソフトのソフトを使う時には最初に使用許諾文書に同意しますよね。あれ、全文を読む人はごくまれだと思うけれど、よく読めば、まー自分に都合のよいようによくも書き並べたもんだわなと思うような、片務的な契約が書いてある。免責事項として、このソフトの使用によって金銭的な被害が生じても一切賠償責任がない、とか、そういうことは必ず書いてある。

 あのオンラインシステムにはインストール時にそういう使用許諾説明同意書はなかったんだろうか?


改良するならば

 しかし、今回の被害の最終的な責任が誰にあるかはともかく、いずれにしろこのシステムは改良されるべきだとは思うが、どういう風に改良したらいいのだろうか。

 1980年代のバブル時期と比べると、デイ・トレードを行う個人投資家などが随分増えたおかげで、株の買い方のパターンのバリエーションは段違いに増えたのではないかと思う。そういうニーズに対応するためにソフトの自由度を高くすると、予期出来ないシチュエーションに対するフェイルチェックを設定しにくいように思われる。

 こういうミスは、そもそも現在のコンピュータの操作系の持つ宿命的な問題ではないかと僕は思っている。

 だって桁一つ間違えても指先の感覚的には殆ど変わらない。アラームを体が感じにくいようにできているのだ。

 

 PCの操作系は体感的なフィードバックがゼロだ。

 確かに静的かつ理論的な操作であれば、そういうものの方が好ましい。キーボードやマウスなどの入力デバイスには出来るだけ余分な力を要しないように進歩している。長時間の執筆活動をする人間が書痙から解放されたのは、キーボードのお陰だ。だが、知的作業にしろ条件反射的な要素が増えてくれば、そういう操作体系であることがむしろマイナスに作用するのではないかと思う。

 習慣化された条件反射的な操作というのは、信号が大脳皮質まで上らず小脳で処理される。このような操作の場合、モニターを見つめている大脳皮質と手元の操作とは必ずしも協調していない。

 例えば、車の運転など、最近はドライブ・バイ・ワイヤーの技術も進んでいるようだから、極端な話、運転席にトラックボールかなんかをつけて、それで操作してもちゃんと動くだろう。でもそういう車は作られない。車のハンドルという一見原始的で操作性のよくないデバイスが、逆に高速度で急な舵角を切るという、レスポンスがよすぎて生じるミスを防いでいるからだ。

 現在、殆どの車のハンドルにはパワーアシスト機構がついているが、速度を増せばハンドルは重くなるようにプログラムされている。これはより人間の感覚に近づけるための工夫だ。昔パワーステアリングが発明された当初は、高速道路でも指一本でハンドリング出来るというのが売りの車もあったらしい。そういう車は危険極まりないので、その後の歴史で淘汰されているわけである。

 小脳反射が必要とされるような操作は、動作させるスイッチそのものに負荷を掛けるような操作体系が望ましいように思う。

 そして、株取引というのは、おそらく知的かつ条件反射的な活動の最たるものなのではないか。僕はディーリングルームで仕事をしたことがないからわからないのだが。

 

 そうした現状認識を踏まえて考えると、例えばウィンドウに(Y/N)の確認パネルが出現するなどという解決法は、生ぬるいということがわかる。操作体系自体に改変を加えるなら、どうなるだろう。

 たとえば、福引きのがらがらぽんのようなハンドルが入力装置で、銘柄指定などは普通にキーボードで行うが、金額や株数の指定だけは、このデバイスを用いて入力する。株や金額の桁が一つ上がるたびにハンドルが重くなる。一株なら軽く回転させるだけでよいが、5万株なら、重くなったハンドルを五回転させる、とか。

 これなら、今回のようなミスは防げると思う。この場合一株と61万株では操作のフィードバックが全然変わってくるから、頭の中で数字を取り違えても、操作をする時に必ず間違いに気づくだろう。大商いをするときは一杯ハンドルを回さなければいけないから、おのづと気合いも入るし、間違いにも気がつく。

 アナログの回転ハンドルではないのだから、ギア比を調節すれば、それほど煩雑でもないだろう。例えば100万円で一回転とすると10億を商うためには、単純に考えると1000回転しなければいけないが、そんなことは無理だから、桁一つ違う毎に2倍程度の力が要るギアのようなものを設けておけばよいと思う。

 

 ま、弊害としては証券マンがみんな無意味にムキムキになるかもしれないことだろうか。腹割れ三年とか、そういう格言ができたりして。

(Dec,2005 初稿、Oct,2006 改稿)