襟を直す女



 いままでさんざんぱら書いているとおり、私はディフェンス力の無い人間だ。不精髭が伸びていても平気だし、整髪などもおざなりになりやすい。

 整髪がうまくいかないのは、自分の髪質のせいもある。なにしろ極端な猫毛なもので(→薄毛論)すぐ寝癖がついてしまうのである。

 自分でも自覚しているから出来るだけ短髪にしているんですが、結構短い髪でも、寝癖がつきやすい。短い髪の毛についた寝癖というのはいささか厄介で、例えばカーペットの上に、長年置いていたタンスをどかしてみると、置いていた所だけ、カーペットが凹んでますね。あんな感じに寝癖がつくんです。どうやっても取れない。

 服の着こなしもどちらかというと無頓着な方で,仕事中でも僕は身だしなみがちょいと乱れていることがある。曲がったネクタイ、膨れあがったポケット。取れたボタン。

 そして、白衣の襟が内側に折れ込んだりしていることも。

 白衣のえりなどはやはり目に余るので、誰かいずれ、注意してくれます。
  大抵の人は、注意をしてそれで終わるのだが、それを口頭で注意するだけでなく実際に僕の背に手を伸ばして襟を直す女性が時々いる。

「ほらほら、先生。また白衣の襟が折れてるじゃないですかぁ!」  とか言って、手を伸ばしてくるのだ。

 不思議なことにこういうことをする女性(これは、ほとんどの場合女性だ)どの場所に行っても一定の確率で存在する。さらに不思議なことに、そういう行為は、個人的な親密さとは必ずしも関係しない。もちろんその後個人的な親密さに発展する確率ともあまり関係ない。ま、ただ、全くの初対面でそういう事をされるのはさすがにあまりない(ゼロではないのが恐ろしいところだ)。

 服装の乱れが気になるのなら口頭で注意すれば済むではないか。

 女性のお節介なのか、単なる親切なのか。それとも無意識のスキンシップの範疇なのか。確かに女性というのは同性異性の区別無く、スキンシップというか、ものを触ったりという行為が多い。外胚葉型の発達なのか。それとも有意識のスキンシップなのか。

 僕が今までつきあった女性はこうした「親切行為」はあまり無かったように思う。いや、そういえばあったかな。あったような気も。いやあんまり憶えていない。昔からそういう「ツッコミしろ」があったのは確かだが。

 そして、そういうスキンシップをされるのは、快いものではないが、それほどいやでもない。

 多分、そういうところも見透かされている。

 ここからは自分の勝手な推測である。

 他人に対しての行為は、自分が他人に対してして欲しい願望の裏返しであることがある。

 とはいえ、こういう行動をする女性が、「自分の服の乱れを他の異性に触って直して欲しい」と内心で思っている、ということは、絶対にない。そんな単純な裏返しではない。

しかし、こうした行動をする女性にはその特有の心理機構があるはずだ。

 他人の身だしなみが気になるのは、逆に言うと自分が身だしなみに人一倍気をつかっているということだ。例えばこうした行動は、例えば駅ですれ違った全くの赤の他人に対して行われるわけではなく、職場の同僚やクラブの部員などに向けられるが、これは自分の所属するコミュニティに対する帰属意識の発露といえなくもない。

 口頭で「ダメだし」をするだけでなく、それを直すという意味はなんだろうか。
 「ダメだし」だけで終わるならば、「忠告」か「批判」かわからない。故に、その乱れを直す行為は、自分のコメントが「批判」ではなく「忠告」であるという強いアピールなのだろうと思われる。ダメだしをしたが、自分が介入してそれを解決するならば、明らかにそれは「忠告」であるから。

 こうした、「批判ではないですよ」という意味のアピールが、このような形となってあらわれているのかもしれない。

 女性の世界では、(男性同士の関係よりも)「ネガティブな他人へのコメント」というのは細心の注意を払われて取り扱われているようである。彼女らの世間話を聞いていると、常に友好的なシグナルを明らかにすることが求められるのがわかる。特にそういった批判的な言辞を友好的なシグナルなしに発するのはあまり好まれないのだろう。

(2002.Apr日記)より