食べ物の話。



 食べ物文学(そんな言葉があるのだろうか)には先駆者が沢山いて、もはや新鮮なことを述べる余地というものはほとんどないのであるが、どんな人間でも毎日何かを食べている。

 一人の人間が何かを書こうと思いたったとき、身近にある題材というのはやはり食べ物なのだ。


 言い訳なのだ。


食べ物のおはなし


塩の功罪
ラーメンを取り巻く状況序論
ラーメンいろいろラーメンの当地性についての雑感 など
WilkinsonのGinger Ale好きなんです
爽健美茶言葉の問題か
コーラ好きの話 
おすし安い寿司しか言及していない
そばとわさび時々好きです
カレーCoCo壱番屋にはお世話になっている
カレー(その2)疑問
広島風お好み焼きその特殊理論
うどん 大阪のうどんとはなんだったのか
食パンと私 バターを塗った食パンへのノスタルジー
Skippyのピーナツバター 
グレープフルーツジュースこれまた特殊な思い入れ
ティーポット
スウィーティーとレッドクローブあまり美味しいと思えないんだよなぁ
餅 または赤飯餅 好き

関連のあるおはなし


ファミリーレストラン我々にとってファミレスの意味は
ファミリーレストラン(その2)3年経って何が変わったか
Hank MobleyJazz Musician文なんですけど
癌料理 癌って
糖尿に羊羹