医者の話。


 私は医者です。一日の大部分は医療に従事しているわけで、そういう日々の生活からやはり言いたいことがなにがしかうまれてきたり、こなかったり。


死について
死というものをどう受容するか
医療不信どこまでが医療ミスなのか
ドン・キホーテ問題無料薬剤配布にまつわるごたごたを整理した
心付けについて
よく考えましょう
心付けについて(2)
むしろ現在はあげる側に問題があるのでは
医局制度の問題(その1):
制度としての医局の本質
医局制度の問題(その2):
我々の心情的な反論
医局制度の問題(その3):
代替案である「民間医局」の惨状
CPCの話なぜ人は死ぬのか
日記が書けなくなった話
日記が書けなくなった話
背中の記憶
背中がすべてを覚えてる
ラストまでハッピーラストまでハッピーな話ではありません。
保険をもたない人達
日本にはいないはずなのだが
酸素バーの話
活性酸素がどうたらこうたら
医局にある漫画医者は聖職にあらず
当直の翌日—匂い論1
または、香水の話
匂いと肉体—匂い論2
また医師としての肉体論 
匂いと社会—匂い論3
匂いと社会の階層化
予後予測について
ある患者と予後予測 —死について6
Camera Talk
内視鏡の話
緊急雨男
これも内視鏡の話
医学用語の誤謬について
しろうととくろうと
アダラート舌禍:
本当はこの話、あんまり書きたくない。
女性医師とホームレス
アスベスト「被爆」について
「ゴジシ」—紹介状
生活習慣病とパターナリズム
免疫「力」の話
塩の功罪

研修戦線異状なし

研修戦線異状なし(1)
最前線で戦うということ
鬼軍曹(2)
医療版フルメタルジャケット
歩兵としての内科(3)
内科は歩兵である。
外科医の憂鬱(4) 外科医が戦闘機を降りる時

医者の風景学。

医者と靴
医者と時計
医者とネクタイ
医者とボールペン
医者とペン2—電子カルテと手書き文字
医者とヒゲ
白衣について
 ただしこれは、看護婦さんの話。
白衣について—その2
 
医者と靴(その2)
医者とメガネ
医者と香水
上掲の「匂い論1」に同じ
医者とカルテの話上掲の「ラストまでハッピー」に同じ
医者と漫画上掲の「医局にある漫画」に同じ
医者とベッド

国家試験について:

国家試験は役に立たない?
本当にそうか?
最低限の勉強でよい?
本当にそうか?
55歳の医学部受験
私の第94回国家試験体験記
  (その1)
  (その2)
  (その3)
  (その4)
  (その5)
  (その6)
  (その7)
思えばこれがサイトを作って初めて書いたテキストでした。今思うと拙いですな。汗が。

その他:

不老不死について
「不老」と「不死」
医者の不養生論語読みの論語知らずとは違います
老人とベッド〜夢1
奇妙な夢
医者と眠気
当直とは
私の投稿規定:
 Web文での守秘のルール
ワープロの誤変換について
専門用語の煩わしさか
こんな医者はいやだ
ほんとうにいやだ
カンゴシという言葉
新名称になって
病歴室
病歴室の持つ静謐さ
半熟幸朗師匠、初登場。
ワイがぼやいとんやない、世間がワイをぼやかしよるんや
血液型の話 その1
血液型の話 その2
五月病と木の芽どき
「醫」事新報
廊下にて
糖尿と羊羹