胃炎の分類




慢性胃炎Schindlerの分類

(Schindler, 1947)

附記)
 gastropathies
・gastric atrophy
・gastric hypertrophy


佐野らの分類(1974)
・metaplastic gastritis
・atrophic hyperplastic gastritis
・gastritis verrucosa
Sydney分類(1990)

Superficial gastritis\点状発赤。 斑状・びまん性発赤。くし状発赤 Atrophic gastritis\endoscopic atrophic border



潰瘍の分類

(崎田・三輪分類より改変)
A1超急性期。汚れた厚い白苔、少出血・凝固塊・血管の露出が見られる。強い炎症。周提の隆起、潰瘍周辺との境界が先鋭(punched-out lesion)、粘膜壁の集中がない。
A2白苔のはみ出し消失し純白、表面に透明な粘液が見られる。。辺縁の鮮明化、周辺の浮腫は消失し発赤斑・紅暈を伴う。
H1潰瘍底が浅くなり、サイズ縮小。辺縁の円滑・発赤。潰瘍の辺縁に再生上皮の出現を認める。周提消失
H2縮小著明。白苔薄くなる。再生上皮の層で潰瘍縁が囲まれる。潰瘍外縁は再生胃小区の発赤集中。粘膜壁の集中。
H3潰瘍は殆ど閉じて白苔を認めず(近接にてかろうじて認める)=略治とも表現。再生上皮の集中。粘膜壁の集中。
S1Red scar 潰瘍はすべて再生上皮で覆われている。赤色瘢痕
S2White scar 粘膜壁集中の焦点に再生上皮に覆われる部分を認めるのみ。




Forest分類

(Forest et al, Endoscopy in gastrointestinal bleeding. Lancet II Aug. 17,1974)

出血性潰瘍に対する分類で、欧米では最もポピュラーである。

FIa   Spurting arterial bleeding
FIb  Oozing bleeding
FII  Stigmata of recent bleeding
FIIa Visible vessel
FIIb Adherent clot
FIIc Black base
FIII No stigmata