糖尿病




空腹時血糖値および75g糖負荷試験(OGTT)2時間値の判定基準


(日本糖尿病学会, 1999)

静脈血漿値,mg/dl,カッコ内はmmol/l)
  正常域 糖尿病域
空腹時値
75gOGTT 2時間値
<110(6.1)
<140(7.8)
≧126(7.0)
≧200(11.1)
75gOGTTの判定 両者をみたすものを正常型とする. いずれかをみたすものを
糖尿病型とする.
正常型にも糖尿病型にも属さないものを 境界型とする.


随時血糖値≧200mg/dl(≧11.1mmol/l)の場合も糖尿病型とみなす.
正常型であっても,1時間値が180mg/dl(10.0mmol/l)以上の場合は,
180mg/dl未満のものに比べて糖尿病に悪化する危険が高いので,境界型に
準じた取り扱い(経過観察など)が必要である.


附 全血を検体とする場合の75g糖負荷試験(OGTT)の判定基準は次のようになる
(mg/dl,カッコ内はmmol/l)
  全血(静脈血) 正常域(毛細管血)
正常域
糖尿病域
正常域
糖尿病域
空腹時
<100
(5.6)
≧110
(6.1)
<100
(5.6)

≧110
(6.1)

2時間値
<120
(6.7)

≧180
(10.0)

<140
(7.8)
≧200
(11.1)
静脈血漿1時間値>180mg/dlに相当する
  静脈血全血値は>160mg/dl(8.9mmol/l),
  毛細管血全血値は>180mg/dl(10.0mmol/l)である.

附) 血糖値の換算式
血糖値(mg/dl)÷18=血糖値(mmol/l)





(2001/5)