IgA腎症の診断基準

(厚生省特定疾患進行性腎障害調査研究斑 社団法人日本腎臓学会 合同委員会)

臨床症状
 大部分の症例は無症候であるが、ときに急性腎炎様の症状を呈することもある。ネフローゼ症候群の発現は比較的稀である。一般に経過は緩慢であるが、一部の症例では末期腎不全に移行する。

尿検査成績
尿異常の診断には3回以上の検尿を必要とし、そのうち2回以上は一般の尿定性試験に加えて尿沈渣の鏡検も行うものとする。

A.必発所見:持続的顕微鏡的血尿(尿沈渣で、赤血球5〜6/HP以上)
B.頻発所見:持続的または間歇的蛋白尿
C.偶発所見:肉眼的血尿
(急性上気道炎あるいは急性消化管感染症状に併発することが多い)

血液検査所見
A.必発所見:なし
B.頻発所見:成人の場合、血清IgA値 350mg/dl以上(全症例の半数以上に認められる)

確定診断
腎生検による糸球体の観察が唯一の方法である。

A.光顕所見:巣状分節性から瀰慢性全節性(球状)までのメサンギウム増殖性変化
B.蛍光抗体法または酵素抗体法所見:瀰慢性にメサンギウム領域を主体とするIgAの沈着
(他の免疫グロブリンと比較して、IgAが優位である)

C.電顕所見:メサンギウム基質内、特にパラメサンギウム領域を主とする高電子密度物質沈着

附記事項
上記の2−A、2−Bおよび3−Bが認められれば、本症の可能性が80%以上である。
ただし、泌尿器科的疾患の鑑別診断を行うことが必要である。
本症と類字の腎生検組織所見を示しうる紫斑病性腎炎、肝硬変症、ループス腎炎などとは、
各疾患に特有の全身症状の有無や検査所見によって鑑別をおこなう。