全身エリテマトーデス


全身エリテマトーデス診断基準(アメリカリウマチ協会,1982)

                                           
1頬部紅斑
Malar rash
頬骨隆起部上の平坦あるいは隆起性の固定した紅斑
2円柱状紅斑
Discoid rash
付着する角化性落屑および毛嚢栓塞を伴う隆起性紅斑性局面,陳旧性病変では萎縮性瘢痕形成がみられることがある。
3光線過敏症
 Photosensitivity
患者の病歴あるいは医師の観察による日光に対する異常な反応の結果生じた皮疹。
4口腔内潰瘍
 Oral ulcers
医師の観察による口腔もしくは鼻咽頭潰瘍。通常は無痛性である。
5関節炎
Arthritis 
圧痛,腫脹あるいは関節液貯留により特徴づけられ,2つあるいはそれ以上の末梢関節をおかす非びらん性関節炎。
6漿膜炎
Serositis
a)胸膜炎−−−信頼し得る胸膜炎による疼痛,もしく は医師による摩擦音の聴取,もしくは胸水の所見。
あるいは,
b)心膜炎−−−心電図,もしくは摩擦音,もしくは心嚢水の所見により証明されたもの。
7腎障害
Renal disorder
a)0.5g/日以上,もしくは定量しなかったときは3+以上の持続性蛋白尿あるいは,
b)細胞性円柱−−−赤血球,ヘモグロビン,顆粒,尿細管性円柱あるいはそれらの混合
8神経障害
Neurologic disorder
a)痙攣−−−有害な薬物もしくは既知の代謝異常,例えば尿毒症,ケトアシドーシスあるいは電解質不均衡などの存在しないこと。あるいは,
b)精神障害−−−有毒な薬物あるいは既知の代謝異常例えば尿毒症,ケトアシドーシス,もしくは電解質 不均衡の存在しないこと。
9血液学的異常
Hematologicdisorder
a)溶血性貧血-網状赤血球増多を伴うもの。b)白血球減少症-2回あるいはそれ以上の測定時に総白血球数が4,000/mm3未満であること。あるいはc)リンパ球減少症-2回あるいはそれ以上の測定時に1.500/mm3未満であること。あるいは、d)血小板減少症-有害な薬物の投与なしに10万/mm3未満であること。
10免疫学的異常
Immunologicdisorder
a)LE細胞陽性。あるいは、
b)抗DNA抗体:天然のnativeDNAに対する抗体の異常高値。あるいは、
c)抗Sm抗体:Sm核抗原に対する抗体の存在、あるいは、
d)血清梅毒反応の生物学的偽陽性:少なくとも6か月間陽性でTreponema pallidum非働化あるいは螢光トレポネーマ抗体吸収試験により確認されたもの。
11抗核抗体
Antinuclearantibody 
免疫螢光抗体法もしくはそれと等価の方法で、経過中のどの時点にでも異常高値を示す抗核抗体を検出すること。薬剤誘発性ループス症候群drug induced lupus syndrome”と関連していることが知られている薬剤投与のないこと。
診断:経時時、同時、あるいは経過中のどの時点にでも、上記11項目中、4項目以上が存在する場合、SLEと診断する。